札幌市豊平区の「はりきゅう専門」の治療院。健康増進目的の健康講話や被災地支援を積極的に行っています。

めまいの症例

症例2 めまい 女性 30代

 

来院

2018年11月

 

症状と来院理由

数日前からめまいがひどく仕事や家事・育児に支障が出ていた。仕事が忙しいこともあり、地下鉄駅から近くて夜遅くまでやっており、仕事帰りに寄れる治療院を探していたところホームページを見つけて来院。

 

主訴

めまいが強く、種類(回転性か浮遊性)の判断がつかない状態。急に振り向いたり、寝たり起きたりするとめまいが強くなってしまう。めまいの他は首肩こりや目の疲れが慢性化している状態だったが仕事が忙しくなかなか治療に来ることができなかった。

 

治療経過と内容

首を触診すると、胸鎖乳突筋にはあまり筋緊張長く、起立筋の左側に強い緊張が見られた。

頭の移動するとめまいが強くなることから、なるべく動かさないように治療を始めた。1回の治療で症状が自覚症状として8割程度軽減したこともあり、1回の治療で終了となる。

 

使用した主なツボ

中髎L・承山L・足太陽L

 

考察

めまい症状の発症から治療まであまり時間がかからなかった症例である。そのため、めまい症状も1回の治療で終了することができた。発症から早期に治療することで、治療回数も少なく、患者さんの身体的、精神的、経済的負担を減らすことができた。仕事をもち忙しい中でも頑張っている人たちを支えるため、今後も啓発活動を積極的に行っていきたい。

 

 

症例1 回転性のめまい 女性 40代

 

来院

2017年9月

 

症状と来院理由

数年前からめまいと耳鳴りがあり、病院にて感音性難聴と診断も受けている。肩こりも昔から感じておりその都度マッサージを受けて一時的に改善していた。めまいは増悪と寛解を繰り返し症状と付き合ってきたが、最近になって症状が強くなり真剣に治療をしたいと思い知り合いに紹介され来院。

 

主訴

回転性のめまいが強く、上を見上げていると症状が治まる。下から上を見る動きや、急に振り向くなどするとめまいが強くなってしまう。めまいの他や耳鳴りの症状もかなり前からある。最近は眉間部の頭痛もあり、仕事に支障も出ているため困っていた

 

治療経過と内容

首を触診すると、胸鎖乳突筋と起立筋は右側に強い緊張が見れら、側面は左側に強い筋緊張があった。全体的に肩こりもひどく自覚している。

初診時左手と右手と右足あるツボに鍼を行い、首と肩の筋緊張が和らいだ。しかし、左右の手に鍼をしている間はめまいが増強した。施術後は、首の回旋や首肩の押圧痛の軽減が見られ、症状が緩和したと自覚することができた。

 

2~4診にかけて肩と背中の筋緊張の改善と中心とした治療を実施し、4診目終了後、めまいが治療開始時に比べ1割以下に軽減したと報告を受けたため治療終了となる。

 

使用した主なツボ

合谷R・内谷R・項強R・太衝R・六谿L

 

考察

症状の発症から治療開始まで時間がかかった症例である。今回のめまいの原因は首と肩の筋緊張と感音性難聴であったと考えられる。原因の一つが感音性難聴軟調だった場合、発症が古く感知が難しい。しかし、首と肩の筋緊張を取り除くことにより、めまい発作の回数が激減。

今では、日に数度自分にめまいがあることを認識する程度まで改善が見られる。仕事柄緊張を強いられる場面が多く再発の可能性が高いと考えられるが、集中的な治療は4回で終了となる。

難聴症状がでてきてすぐであれば、異なった治療結果になっていたかもしれない事例だったため、今後は啓発活動も積極的に行っていきたい。

  • 050-3552-9334
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2019年9月»
    休診日
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    • 休診日
    • 18:30-21:00
    • 予約枠終了
    • 10:30-18:00
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市(豊平区・清田区・白石区・南区・中央区・西区・手稲区)
    北広島市・恵庭市・江別市
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り