札幌市豊平区の「はりきゅう専門」の治療院。健康増進目的の健康講話や被災地支援を積極的に行っています。

足底筋膜炎

足底筋膜とは

 

足の指の付け根から踵の骨の間に張られている膜のような腱です。人間が歩行をするうえで非常に重要な役割をしている腱です。

 

原因と治療

 

原因としては下記のことが考えられます。

  1. スポーツ選手のような使い過ぎ
  2. 固い路面を長時間歩く
  3. 加齢による変性   等

状況は、「足をついたとき」や「足をけりだすとき」に痛みが感じます。足底筋膜自体のダメージも十分に考えられますが、その動きに関連した筋肉や関節などの組織の不具合によって足底筋膜に痛みが生じることもわかってきました。

 

一般的な治療方法としては、保存療法か体外衝撃波療法とされています。

 

ひなかたでは、痛みの出る動きに対し、その動きを助ける筋肉にアプローチをして自然治癒を待つ方法をとっています。

 

 

 

体の筋肉は助け合って動いている

崖から落ちそうな人を助ける人のイラスト

小さいころ早く走るとき「腕を大きく振れ」と教わったことはありませんか?一見すると早く足を動かすのに、腕を振ると言われると不思議な感じがしますが、いざ動かしてみると納得できるのではないでしょうか?

 

このように体の中でも、いろいろな筋肉や腱、関節が連動して働くことによって動きが作り出されます。通常通り組織が動かないことによって生じる不具合を脳が痛みとして感じることもわかってきています。

 

 

 

なぜ足底筋膜炎は治りにくいのか?

 

人間の痛みは脳が作り出していることが脳科学的にわかってきています。足底筋膜炎は歩くだけで痛い⇒歩くと痛いに脳で変換されます。なので歩いても痛くないという新しい情報を脳に覚えさせなければなりません。

 

こんな方にお勧め

  • 日常生活で肩の痛みが苦痛に感じる方。
  • 特定の動きをすると肩に痛みが走る方。
  • 忙しくて日中に病院や治療院に通えない。
  • ほかの治療院に行ったがあまりよくならない。
  • 少しでも早く良くなりたい。

 

予約について

 

予約のページへ

  • 050-3552-9334
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    アクセス
  • 営業日カレンダー
    « 2019年8月»
    休診日
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    • 休診日
    • 18:30-21:00
    • 予約枠終了
    • 10:30-18:00
  • ご来院地域
    【北海道】
    札幌市(豊平区・清田区・白石区・南区・中央区・西区・手稲区)
    北広島市・恵庭市・江別市
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り