アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎専門

繰り返すかゆみと湿疹に不安を抱えていませんか?アトピー性皮膚炎は、かゆみによって集中力を低下させ勉学や試験に影響をします。また仕事においても作業効率を低下させ、人目につく場所が赤くなり痒みが起きると、相手に不潔などの印象も持たれてしまうこともあります。頭皮湿疹でも皮膚が剥がれ落ちて服につくことで、同じことが言えます。

アトピー性皮膚炎とは、ある程度決まったところ(関節や顔、頭など)がかゆくなったり良くなったりを繰り返します

アトピー性皮膚炎の定義

アトピー性皮膚炎の人の特徴

アトピー性皮膚炎の原因は?

①バリア機能が弱い(表面の皮脂が足りないために水分を体に留めておけない状態)

②かゆみを感じる神経が他の人より皮膚表面に近いところまで来ている(痒みの感覚が普通の人よりも敏感)

③細胞の中に水分が少ないことによるのぼせ(内部の熱)

④ストレスによる脳の乱れ(自律神経の乱れ)

アトピーとアレルギーと遺伝の関係

以前はアレルギーの反応としてアトピー性皮膚炎が起こると考えられていました。しかし最近の研究ではアトピー性皮膚炎の人がアレルギーを起こしやすいのではないかと考えれています。つまり特定のアレルギー物質から遠ざけることは、アトピー性皮膚炎の治療に効果的であると考えます。実際、半数以上の方にダニやハウスダストのアレルギーがあり、家の中をしっかり掃除と換気をしたところアトピー性皮膚炎の症状が治まったという報告もあります。

またアトピー性皮膚炎は遺伝的にアトピー体質を持っています。遺伝子の問題なので当然親から子へアトピー性皮膚炎が受け継がれることがあります。しかし、必ずしもアトピー性皮膚炎が遺伝するわけではありません。

※アトピー体質とは気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれか、あるいは複数の疾患を家族歴や既往歴に持つ、またはIgE抗体を産生しやすい体質

理化学研究所ホームページより(外部リンク)

アトピー性皮膚炎と遺伝

アトピー性皮膚炎とアレルギー

アトピー性皮膚炎に鍼治療はどのように効くのか?

アトピー性皮膚炎のスタンダードな治療として、ステロイドによるぬり薬が主流です。しかしこれでは、アトピー性皮膚炎の炎症を鎮める効果しかないため、かゆみの治療ができないためアトピー性皮膚炎の治療で一番大切な『素早く治す』ことが難しくなります。

ひなかたの鍼施術は脳に作用し自律神経と整えることが科学的にわかってきています。また体の緊張を解くことで、のぼせ・ほてり、冷え性に対しても鍼施術が得意としてきた分野です。このことからアトピー性皮膚炎の治療に対しひなかたの鍼施術が有効であることがわかります。

もちろん時間をかければステロイドを使わずに治療することも可能ですが、アトピー性皮膚炎の苦しみを少しでも早く改善するためには、ステロイドと合わせた治療を強くお勧めします。

痒みとは何か?

鍼治療がアトピー性皮膚炎の治療に有効である科学的裏付け

ひなかたは、北海道帯広市にある北斗病院で、最新の脳科学である脳磁図(MEG)を使った鍼の研究チームに参加しています。そこでは鍼の効果が脳にどのような影響を及ぼすかを研究しています。その結果、ツホに対して的確に鍼をすることリラックスしているときの脳の状態を作り出していることがわかりました。

つまり自律神経を整え、アトピー性皮膚炎を悪化させる身体的・肉体的ストレスによる自律神経の乱れ(かゆみを誘発する)を整えることもわかっています。

ひなかたの治療方法

ひなかたでは、症状が出ている場所(局所)に鍼を刺さない遠隔治療を行っております。鍼には、刺しただけで血流を良くする効果があります。血流が良くなればヒスタミン等のかゆみを引き起こす物質がかゆいところに集まり、さらにかゆみが増すことも考えられるので、できるだけかゆみの強い場所から遠いツボを使用します。

アトピー性皮膚炎の治療について

 

アトピー性皮膚炎の治療に対する思い

アトピー性皮膚炎には私自身も生まれてからずっと悩まされ続けています。一般的なステロイド療法から漢方や民間療法など様々な治療法を試しました。しかし、結果としてほとんど効果がなく、症状をまったく気にしなくなるような時期は経験したことがありません。あえて言うならステロイド治療がある一定程度効いた気がしますが、ステロイド治療で治ったという印象はありません。またステロイド治療には副作用もあります。ただしぬり薬は内服薬に比べると副作用は少ないといわれています。

私はアトピー性皮膚炎のひどい時には、「他人にどんなふうに見られるんだろう?」など人の目を気にしたり、かゆみに苦しんだりしてきました。時には「汚い」や「気持悪い」など心無い言葉を受けたこともあります。そのような辛い思いをする人を一人でも減らすことができればと思い治療をしております。

アトピー性皮膚炎の治療に対する鍼灸の可能性

なぜ鍼灸がいいのか?

「何らかの成分」を体の中に取り入れたり体に塗る行為は、体の中にその「何らかの成分」を取り入れることになります。アレルギー反応の危険性があったり、また後々大きな副作用に悩まされる可能性もあります。しかし鍼治療は、体に鍼を刺すだけ(物理刺激)なので、体に対するダメージが少ない方法といえるのです。また今の治療の主流であるステロイド治療の邪魔をせずに、さらに早期の治療に結びつけられることができることです。

「鍼治療だけ」や「ステロイド治療だけ」でも治療することは可能です。しかし「かゆいこと自体がストレス」であり「かく行為の習慣化」がアトピー性皮膚炎を悪化させます。

 繰り返しになりますがアトピー性皮膚炎の治療は、「早期治療」で、「かゆみ」と「炎症」を抑え、「皮膚の清潔」と「保湿」と「乾燥やストレスなどを取り除く」ことが一番です。

つまり、症状が強い時は「ステロイド治療と鍼灸治療」が良く、比較的症状がない時には「保湿もしくは保湿と鍼治療などの体に影響が少ない治療治療」が良いことがわかりました。

  当治療院にご相談ください!!

当鍼灸院では私自身が苦しんだ症状だからこその、カウンセリングや生活についてのアドバイスをいたします。もちろん独学ではなく、多くの皮膚科医と相談をして助言を得たうえで治療を作ってきました。多くの方により良い治療法をお届けできればと考えていますので、アトピー性皮膚炎でお困りの方はぜひご相談ください。

アトピー性皮膚炎の症例 料金のページ
予約・お問い合わせのページ 当院へのアクセス

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました