脱保湿(実験)③脱線

気が付けば1年の半分が終わりました。

今年は新型コロナのため時間がたつのが早く感じているのは私だけでしょうか?今回は趣味のサウナについて考えてみたいともいます。

脳科学的な研究によると、「鍼の効果」と「サウナの効果」は非常に似ているものがあるようです。そこで、アトピーに鍼が効くならサウナも効くかもしれないという推測の元、いつも通り自分を使った人体実験を行いました。

サウナの入り方については、われらが加藤先生のサウナの教科書ともいえる著書を参考にしています。

6/11(サウナ直前) 6/12(サウナ翌日)
6/25(サウナ直前) 6/26(サウナ翌日)
7/3(サウナ直前) 7/4(サウナ翌日)

 

結論としてはサウナに入ることで見た目的な肌の変化はありません。しかしサウナ後1-3日はかゆみが強くなり、皮むけもひどくなります。(写真は6/13、6/27)

しかし、皮むけ後は肌の調子はいいような気がします。はじめ2回は2週間の間隔を空けましたが、3回目は1週間の間隔でした。サウナの間隔による違いはよく分かりません。

脱保湿は7月末までの2か月間行う予定です。(調子が良ければもう少し延長します)

脱保湿の正直な感想としてかなり荒行を行っている感覚で、プロアクティブ療法や保湿で管理できている方は無理に行わなくてもいいのでは???と個人的には思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました