ニキビやアトピーの体質改善と東洋医学

皆様こんにちは

東洋医学では「体質改善」という言葉を良く耳にします。

では体質改善とは何か??

 

大辞林によると
節制・服薬・運動などによって、体質を変えること

とあります。

東洋医学では未病治(予防医学)が重要という考えがあり、『食事療法』『漢方』『運動療法』も重要視しています。これは何となく体質改善がなされそうな気がしてきました。

では、鍼やお灸で体質改善をするのかを考えていきます。

当鍼灸院では、鍼とお灸と整体を使って治療をしていきます。

この治療をすることで体質改善することは、治療者であり患者である私自身が体感をしています。

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な肌のバリア機能不全がベースがありアトピックスキンであると言われています。また体質としてお腹の調子が悪いこと、汗をかきにくい等の共通項も見られます。

アトピー性皮膚炎の治療をすると何がかわるのかというと、

①かゆみが減る
②かき壊しにくくなる
③傷の治りが早くなる

この3点が変わってきます。

ニキビの治療をすると何がかわるのかというと、

①大きなニキビになりにくい
②新しいニキビができにくくなる

この2点が変わってきます。

それ以外の体の変化を患者さんから伺うと

④生理不順が治った、生理痛が減った
⑤良く寝れるようになった
⑥頭痛が無くなった
⑦冷え性が治った、のぼせが治った
⑧ニキビが大きくなりにくくなった

という声が聞かれます。

これを見ると体質が変わったように思えます。

実際

『~普段の生活から首肩腰などの苦しかった部分が良くなり生活が一変‼傷の治りが早くなり~』というコメントをいただいたり、

『~ひどい冷えからも解放され今までの生活がガラッと変わったかのように感じます~』

このような患者さん自身の声が鍼治療によって体質改善なされたということかと思います。(全文は患者さんの声のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました