アトピー性皮膚炎の治る過程

皆様こんにちは!

キュアスポットひなかたは皮膚専門の鍼灸院です。

 

今日は当院のアトピー治療における過程を説明していきます。

ひなかたでアトピー治療をする際は普段の生活を変えないようにお伝えしております。理由は簡単で、鍼治療が体に影響があったかどうかを判定しやすくするためです。

まずは治療開始後1週間から10日前後で8割くらいの方に症状が強くなるという反応があります。普段の生活を変えない状態で鍼治療を追加することで症状が変わることによって、鍼治療でアトピーが変化したことがわかります。しかし、この症状の悪化は1~2日程度で収まるので、「あ、これが反応か・・・」という感想を持つ患者さんが多いようです。

ここで大切なのはこの反応が無いから鍼で症状が変化しないと悲観する必要はありません。一番遅い人で治療開始後3週間でこの反応が出た人もいますし、この反応が無くてもアトピーが治っていった人もいます。あくまでも目安です。

その後は、多少の症状の変化はありますが徐々にかゆみが治まっていきます。

一番症状が悪い状態を100点

無症状を0点とした場合(本人評価)

治療前

(平均)

治療終了

(平均)

かゆみ 53.7点 22.4点

※今までの全患者さん平均値です

このようにアトピーのしつこいかゆみが治まっていき、その結果で体のかき壊し傷が減っていきます。

ぜひアトピーでお困りの方は鍼治療をお勧めいたします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました